草加のメンズエステスタッフ、引っ越し先は越谷・三郷・八潮・吉川・川口・足立?

12月に入り圧倒的なバタバタ具合。
なかなかこの日記に向かえずでしたがようやくひと段落を致しました。

という訳でお久しぶりでございます。
今回は超私的な、お先にサクッと言えば引っ越しに関する事を綴りたいと思います。
興味の削がれるような話題でございましたら、誠に申し訳ございません。

草加市の谷塚にメンズエステひなたぼっこの開店場所が決まり、自宅とひなたぼっこの往復が始まります。
それまでは候補地付近の不動産屋をウロチョロでした。
めでたく草加に物件が決まってからは、時に抱えきれないほどの荷物を持って
時には様々な書類へのサイン作業をこなしていきます。
最初は週に2~3回のペースでひなたぼっこに来ておりましたが徐々にそれは増え始めます。
月の半分は店に通うようになり、次は自宅に帰るのが面倒になり泊りの日もだんだん増えてきます。
週の半分くらいは泊まっていたでしょうか?それでも自宅にはちょこちょこ帰っておりました。

OPEN日が近づくにつれて、いつしか家にはほとんど帰らなくなります。
月に数回程度、自分自身の必要な物を取りに帰るだけです。
まだ引っ越しなんぞは全く考えておりませんでした。
考えないと言うより、頭の中にひなたぼっこOPENの文字しか無かったというのが正しいかもしれません。
この頃の私は自宅から店に向かう事より、自宅に帰るのがちと煩わしくなってはいました。

8月23日・・
いよいよ草加メンズエステひなたぼっこがOPENの日です。
もちろん前日から泊まり込んでおりました。
そして無事OPEN日が終わりましたら、そのまま店に泊まり込みました。
実際にOPENしてみると足りない物や考えなければならない事がOPEN前よりもありました。

9月になります・・
草加メンズエステひなたぼっこがOPENしてから、泊まり込む日も多々ありましたが
それはひなたぼっこにずっと居たいといった感覚ではなく、とにかく1時間車を走らせて帰るのが無駄な時間に思えてならないからでした。
もちろん店の事をもっと色々考えて実行したい気持ちもあったので泊まるという理由もありました。

10月入ってから・・
ほとんど帰らぬ家に家賃を払い、使わぬ電気・ガスに光熱費を払い、手を数回洗うだけの水道に水道代を払う。
繋がぬWi-Fiにネット料金も払っておりました。
時間とお金、両方がとにかく無駄の極み

11月になると・・
閑散期なのか暇な日で早く終わる日もありました。
またセラピストさんの出勤状況で早く仕事が終わる日もありました。
やはりそういった日には家に帰りますが、往復で2時間以上の時間を犠牲にしていると思ったので
ようやく引っ越し考えました。

11月末・・
私は遂に越しを決断致しました。

現在目下家探し中・・
まず間取りを考えます。
実は私、ちゃんとした紙の本が好きで小説に始まりハウツー本やタレント本、コンビニに売っている雑学の本や漫画も大好きです。
(最近は全く読んでおりませんが・・)
家に数百冊の本があります。
電子書籍にシフトチェンジが出来れば良いのですが
そこは昭和の40代。
馴染めません
ですから2DK~2LDKくらいは欲しいと贅沢にも身の丈に合わず考えております。
広めのお部屋であれば1LDKなんかでも良いですが、おそらく寝室の壁が本で埋まってしまいます。

場所に関しては、まずは草加市内。
それに越谷・三郷・八潮・吉川・川口・足立
草加市内をざっと見ると、駅から離れれば家賃も乗じて下がります。
新しい物件もありますが、獨協大学が近いからか少々古くて1Kや1DKくらいのお安い物件が多いようです。
越谷は栄えておりますし交通の便も良さそうです。
だからですがそれなりにお家賃もなかなかです。
物件も多様です。ただちょっと店から遠く感じます。
三郷は綺麗な街になっており、お家賃もそこそこですね。
ただ綺麗で新しい物件も多く、間取りもウォークインクロゼットがあったりと今風でかなり魅力的です。
距離的にもgood
八潮や吉川は比較的家賃も他に比べるとお手頃。
距離も近いし良いとは思うのですが、少々古い物件が多く感じます。
川口に関しては草加に近くて良いのですが駅近には思うような物件はありません。
もっとも電車にはあまり乗らないので関係はないですが。
足立区に関しては東京23区だけあって、お家賃が・・
恐らく最初に消える候補地でしょう。

まず純粋に住みたいなと思うのは三郷です。
次に通勤の便も考えて草加。
三位は同率で八潮・川口
続いて草加に近いほうの越谷、吉川あたり。
最後にやはり足立区。

幼少より転校を4度。
成人してからも複数回引っ越しをしております。
大人になりましてからは長くて6年くらい、短くて2年くらい。
ただひなたぼっこに人生を委ねる覚悟ですから、次に住む家は6年以上になるかもしれません。
大事な住み家。寝床で考えれば人生の三分の一は睡眠。
とにかく引っ越し先はゆっくり、じっくり考えないといけませんね。
とか言いながらもどこに住もうが結局は住めば都タイプの私です。
早く良い物件が見つかればいいなーとか考えながら本日はこのあたりで失礼を致します。