草加メンズエステひなたぼっこ『セラピストしいなちゃん&あさひちゃんのプチ旅行記」パート③ 完結編

お待たせしているのかは分かりませんが
いよいよしいなちゃん&あさひちゃんのプチ旅行記もパート3
完結編!の予定でございます。

前回までの旅行記はコチラから!
↓ ↓ ↓ ↓
草加メンズエステひなたぼっこ
『セラピストしいなちゃん&あさひちゃんのプチ旅行記」パート①

しいなとあさひプチ旅行記①

草加メンズエステひなたぼっこ
『セラピストしいなちゃん&あさひちゃんのプチ旅行記」パート②

しいなとあさひプチ旅行記②

日程はコチラ

【某月某日】
22:00 お仕事の終了後、二人は龍泉寺の湯
22:30 施術の勉強も兼ねて、マッサージも予約済みで中国の方から施術を受ける
25:00 しいなちゃんあさひちゃん共々、あさひちゃんの自宅に帰宅
26:00 就寝

【某月某日の翌日】
06:00 しいなちゃん起床
08:00 あさひちゃん起床
12:00 あさひちゃんの運転する車で茨城県へ
14:30 予定していたルートは無視して、お腹が減ったので以前から行ってみたかったラーメン屋へ
15:00 さらに予定を崩して筑波山へ
15:45 筑波山に到着するもルートを間違えて引き返す
17:00 目的地である、筑波山つつじヶ丘駐車場に到着
到着時にはすっかり辺りは暗く、大した観光もせずにそのまま車で下山
20:00 色々疲れたので帰宅

前回、あさひちゃんの家に宿泊をした二人でございますが
楽しみ過ぎて目が覚めてしまったのでしょうか?
起きたのはしいなちゃんの方が早く起きたようです。
しいなちゃんがふと横に寝ているあさひちゃんを見てみると
何やらゴニョゴニョと喋っています。
俗に言う寝言です。
面白そうだったのでしいなちゃん(起きてる人)とあさひちゃん(寝てる人)の会話をご覧下さい。

あさひちゃん(寝てる人)  「えっ、免許の更新行ってきたの?」
しいなちゃん(起きてる人) 「うん。行ってきたよ」
あさひちゃん(寝てる人)  「鴻巣だよ」
しいなちゃん(起きてる人) 「そう」
あさひちゃん(寝てる人)  「遠いよね」
しいなちゃん(起きてる人) 「でも行った」
あさひちゃん(寝てる人)  「本当に行ったの?」
しいなちゃん(起きてる人) 「行ったけど、違反してたから更新できなかった」
あさひちゃん(寝てる人)  「本当に?いくの凄い時間かかるよ」
しいなちゃん(起きてる人) 「行ったよ」
あさひちゃん(寝てる人)  「ZzzーZzzーZzzーZzzー」→寝た
しいなちゃん(起きてる人) 「ぷぷぷ」→漏れる笑いを堪えていた

ともあれ8時になりようやくあさひちゃんも起きてまいりました。
ちなみに起きてからあさひちゃんは先ほどの会話が夢か現実かの区別がついておらずだったようです。

あさひちゃん(起きてすぐの人) 「えっ、免許の更新行ってきたの?」
しいなちゃん(起きて数時間の人)「うん。行ってきたよ」
あさひちゃん(起きてすぐの人) 「本当に?」
しいなちゃん(起きて数時間の人)「行ったよ」
あさひちゃん(起きてすぐの人) 「早起きして?どうやって行ったの?」
しいなちゃん(起きて数時間の人)「早起きして電車で行った」
あさひちゃん(起きてすぐの人) 「鴻巣だよ?」
しいなちゃん(起きて数時間の人)「そう。行って帰ってきた」
あさひちゃん(起きてすぐの人) 「嘘だ。朝だよ?」
しいなちゃん(起きて数時間の人)「うん。行ってきたよ」

正直、朝からどうでもいい二人のやり取りでしたが
準備を終えた二人はいよいよ茨城県に向けて出発を致します。
準備は1時間少々、起きてから出発までほとんどをお喋りに時間を費やしてしまったようです。
ここで当初の予定を申し上げます。
本当は午前中には出発し、まず茨城県の大洗で海鮮に舌鼓を打って
様々な観光をしてから夜はラーメンの流れだったようです。
しかし出発は12時。
お腹も減った二人は完全に予定を無視してラーメン屋に向かいます。
夜に行く予定だったラーメン屋に14時30分頃に到着します。
お腹が減りすぎた二人はラーメン大盛りとから揚げを1つずつだけ頼んでシェアしたようです。

とても美味しそうなラーメンですが、二人の目的はから揚げとの事です。
話を聞いた私としては全く理解が出来ませんが、とにかく二人が満足したのなら何も言う事はございません。
適度にお腹を満たされた二人でしたが、予定は崩れまくっております。
二人で案を出し合い、結局は筑波山に行くことになりました。
ちなみに筑波山は当初の予定では第4~5候補地との事。
いやー、さすがひなたぼっこの誇る凸凹コンビです。
きっちり派の私には耐えられない旅です・・

正式な目的地は筑波山の山頂付近にあるつつじヶ丘駐車場です。
二人はナビを筑波山に合わせて15時にラーメン屋を後にします。
多少の間違いはあったものの45分前後で筑波山に到着します。

しかし!ここでも事件が勃発。
目的地である筑波山のつつじヶ丘駐車場
あさひちゃんは以前このつつじヶ丘駐車場に来た事があるようなのですが
辺りには見た事もない風景が広がっています。
それこそ見覚えのあるものなんぞは一つもないようです。
ナビを見ればしっかりと筑波山に到着と記されております。
あさひちゃんは考えました。
行った事もない全く知らないしいなちゃんも考えました。
二人とも思いつきました。

―ここから山を登るっぽい道が見えてるから、そこを登っていけば到着するんだ!―

二人は道なき道をずんずん進んでいきます。
登っていくにつれ木々は鬱蒼と茂り、道はどんどん細くなっていきます。
ちなみに向かったのは台風後の日程だったので、途中大木が道路に倒れていました。
その時の様子を写真に収めてくれていました。
↓ ↓ ↓ ↓

二人を否定・批判する気はさらさらございませんが
車を運転する、いや運転なんぞしなくても一般常識のある人間であれば引き返すかと思います。
しかしそこはひなたぼっこの誇る凸凹コンビです。
戻るという考えを持っていません。
持っていないのではなく考えが至りませんでした。
車一台がギリギリ通れる程度の横をすり抜けてさらに進みます。
車がすぐに止まれる速度、徐行で進みます。
ただ、またしても二人の前に壁
というか、下にぬかるみが現れます。
その時の様子を写真に収めてくれていました。
↓ ↓ ↓ ↓

俗に言う軽い土砂崩れです。
さすがに車がぬかるみにはまってしまい、前に進めなくなった二人。
ここでようやく引き返すという選択肢を思いつきます。
されど、ぬかるみにハマった車が動きません。
15分程度あれやこれやと色々やって。やっと脱出に成功。
しばらくバックで慎重に下がり、Uターンで車を切り返せるところで下山します。
元々の到着地に着いた二人は考えを巡らせます。
そしてしいなちゃんあさひちゃんも思いつきます。

―そうだ!到着地の設定がそもそも間違ってたんだ!!―

そもそもナビを設定する段階で目的地として入力した語句は
“筑波山”
本来目的地として設定すべき語句は
“筑波山 つつじヶ丘駐車場
です。
その間違いに気づけた二人。人類として大きな進歩です。
人は太古の昔から失敗を繰り返し、間違いを犯し、正しい道にたどり着くもの
気を取り直してナビを設定しなおします。

目的地まで30分。
いよいよクライマックスへ向けてスタートです。
今度はちゃんと車の走れる道路を快調に進みます。
しかし辺りは陽も落ち始めてうっすらと暗くなってきました。
目的地であるつつじヶ丘駐車場に到着した頃には売店などは閉まっておりました。
また駐車場から出ていく車だらけの中、二人は入っていきました。
その時の様子を写真に収めてくれていました。
↓ ↓ ↓ ↓

少し分かりにくいですが、うしろの大ガマガエルと同じポーズをした
マヌケ可愛い二人の姿が映っております。
さらにもう一枚、お写真はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓


綺麗な景色を見てたそがれている
ドラマの主人公ぶったマヌケ
そこにいるだけで絵になる可愛い二人の姿がそれぞれ映っております。
しかし、注目すべきはそんな全体像ではありません。
あさひちゃん(デニムパンツの方)の足元にご注目下さい。

この日、あさひちゃんはとてもこのプチ旅行を楽しみにしていたようで
新しいショートブーツを履いてきたらしいですが、足の裏が泥でぐちょぐちょです。
ちなみに良く見えませんが、しいなちゃんの(スカートの方)の足元も泥でぐちょぐちょです。
とんだマヌケです。
とても可哀そうで、さぞかし大変だった事を物語っています。

この後二人は筑波山を後にします。
当初の予定では夜中まで遊び倒すはずだったらしいのですが
最後の最後まで予定を変更して、まっずぐ家に帰りすぐに寝たとの事。

さて、長きに渡りお送りしてきたこのしいなあさひのプチ旅行記も完結編でございました。
話題の絶えない仲良しな二人で本当に凸凹コンビではございますが
ひなたぼっこきっての人気の2名でございます。
気になりましたら是非一度ご指名をして頂ければ、もっと詳細なプチ旅行記のお話が聞けるかもしれません。

それではこの辺りで私は失礼おば致します。