草加にはない、埼玉にもない池袋のマッサージ店のお話

どうもどうもなほみです。
初めてブログを書いてみます。

これは私が良く行く、東京都豊島区池袋にあるマッサージ店のお話です。
外観と言うかマンションの一室を改装してマッサージ店にしています。
元々は友達の紹介で行きました。

いつもお店に行くと指名しているロドリゲスという人が出迎えてくれます。
「イラッシャイマセー」
「ヒサシブリダネ」
「ヨクキタネ」
この3語は必ず言われて、その後で「キョウハテンキイイネ」とか「キョウハテンキワルイネ」とか天気の話をされて即マッサージに入ります。

そしていつも
マッサージ入る前には奥から箱ティッシュを持ってきて

シュッ
シュッ
シュッ
シュッ
シュッ

5枚くらいを私の顔が当たる部分にひいて
無表情に「ココニイイヨ」と言われます。
これはあまりにもマッサージに没頭して
いつも施術中に寝てしまい施術台に大量の涎をつけてしまうからであって
ロドリゲスなりの配慮だと思う。

ちなみにそのマッサージ店で私はロドリゲスにしか会ったことがない。
何故なら私の担当がロドリゲスだから。

そもそもロドリゲスが何処の国の人かは分からないけど、名前の割にラテン系じゃないです。
そもそもロドリゲスって名前なのに愛想は無い。
ロドリゲスって言う名前なんだからもう少し陽気でもいいのに、会話も淡白だ。

ちなみに
「イラッシャイマセー」
「ヒサシブリダネ」
「ヨクキタネ」
「ココニイイヨ」
天気の会話以外でロドリゲスが言ったのは「キミハホントウニヨダレガスゴイネ」だけです。

けど、マッサージが異様に上手くてコリも解れてリフレッシュが出来るので
私はまた池袋のロドリゲスに会いに行きます。

今度は私がお客様がリラックスして涎が出るくらい施術を頑張ります
よろしくお願いします。